東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

業務効率化~業務を見える化しRPAを視野に入れる~

コース詳細

コースコード TOBK101
旧コースコード
カテゴリ 業務知識
価格(税込) 44,000円
期間 1日  9:00~17:00
日程 標準学習時間 2022/01/25(オンライン)
目的
概要 業務効率化のために必要な手順を学んでいただきます。自部門の業務を棚卸し、効率化の妨げとなる課題を見つけ出します。業務の見える化をするために、業務フローを作成します。また、課題を解決する手段の一つとして、RPAの概要を学んでいただきます。
内容 1.業務改善の流れの概要
 ①業務棚卸・改善対象の抽出
 ②改善計画検討
 ③改善実行
 ④運用準備、実行
 ⑤PDCAを回す
2.仕事の見える化と課題の抽出
 ①業務一覧の作成
 【ワーク】自部署のルーティーン業務を洗い出す
 ②課題の抽出、分析(ワークショップ形式で課題を抽出、分析する)
 【ワーク】メンバーからのヒアリングワークショップ(時間がかかっている仕事、ミスが起きがちな仕事は何か?)
 【ワーク】課題の分析(何が課題か?なぜ問題か?)
 【ワーク】課題シートに整理する
 他部門や他チーム業務との関連
 情報の重要度、機密性、求められるスピード、時期、利用者等の情報の整理
3.業務フローを作成する
 ①業務フローを構成する要素
 ②記号とその意味
 ③流れのパターン
 ④作成上の約束
 【ワーク】自部署の業務をフロー図として整理してみる
4.改善案を検討する
 ①業務を整理する 関連する業務を集める、効率の良い流れを検討、不要な作業の抽出
 ②改善案を検討する 運用改善、RPA化の検討
 ③品質上の留意点、チェックポイントをまとめる
 【ワーク】自部署の業務を整理してみる
5.RPA化する場合の業務フローの作成
6.業務改善の実行体験
 【ワーク】課題となる業務フローから、どのような業務改善が適切か検討する(フロー見直しや不要作業の削除、Excel関数やマクロで対応、RPAの適用など、適切な方法を選ぶ)
 【デモ】Excel関数やマクロで改善する場合の操作例
 【デモ】RPAツールを使い、定型業務の自動化の操作例
7.まとめ
到達目標 ・メンバーとともに自部署の業務の棚卸を行い、課題をみつけることができるようになる
・業務フローの作成ができるようになる
・RPA化をするために必要な業務の見直し・削減について、業務に落とし込んで理解ができる
・RPA だけでなくMicrosoft Officeなどを含めたツールの利用可能性を考慮した業務改善を理解できる
前提条件
対象者 業務効率化プロジェクトなどを推進する担当者、リーダーの方。業務整理をしたいが、何から行ってよいか悩んでいる方。業務効率化にあたり、RPAも手段のひとつと考えている方。(ご自身の組織・チームの業務知識があること。)
形式
PC動作環境
定員
会場
主催 芝大門塾
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ