東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

【PDU対象】アジャイル・プロジェクト・マネジメント~プロダクトバックログの作成からプロジェクト運営まで~

コース詳細

コースコード GAPM012
旧コースコード
カテゴリ プロジェクトマネジメント
価格(税込) 121,000円
期間 2日  9:30~17:30
日程 標準学習時間 2020/02/27~2020/02/28
2020/03/23~2020/03/24
2020/04/16~2020/04/17
2020/06/22~2020/06/23
2020/07/13~2020/07/14
2020/09/17~2020/09/18
目的
概要 計画立案およびモニタリングで使用する主要なプラクティスを、プロジェクトの進行に合わせ演習形式で学習します。
併せてエンタープライズ・アジャイルおよびモダンアジャイルについても紹介します。
内容 1. アジャイルの基本概念
- アジャイル・アプローチを適用するプロジェクト
- アジャイルソフトウェア開発宣言
- 代表的なアジャイル開発手法
- 基本プロセス:スクラム
- 基本プロセス:リリースプランニング

2. チーム運営関連のプラクティス
- プロダクトオーナー
- スクラムマスター
- 開発チーム

3. プロセス関連のプラクティス
- インセプションデッキ
- ユーザーストーリー
- プロダクトバックログ(マスターストーリーリスト)
- ユーザーストーリー記述ワークショップ
- リリースプランニング
- スプリント(イテレーション)プランニング
- デイリースクラム(スタンドアップミーティング、朝会)
- スプリントレビュー(デモ)
- スプリントレトロスペクティブ(振り返り)

4. エンタープライズ・アジャイル
- エンタープライズ・アジャイルとは
- エンタープライズ・アジャイルのフレームワーク
- ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)
- スケールド・アジャイル・フレームワーク(SAFe)
- ソフトウェア工学の方法と理論
- その他のフレームワーク

5. 導入事例

6. おわりに
- モダンアジャイル
- アジャイルソフトウェア開発宣言vs. モダンアジャイル
- モダンアジャイル:プラクティス
到達目標 ・アジャイルの基本概念を理解する。
・アジャイル・プロジェクトの計画立案、モニタリングの進め方を理解する。
・アジャイルのプラクティス(実践手法)を理解する。
・エンタープライズ・アジャイルのフレームワークを理解する。
前提条件 ・プロジェクト型業務にかかわった経験がある方
・プロジェクト・マネジメントの基礎知識を有している方
対象者 ・企業システムへのアジャイル導入を検討している方・プロジェクトへのアジャイル導入を検討しているプロジェクトマネジャー・適用するプラクティスを検討しているプロジェクトマネジャー
形式 講義+机上演習
PC動作環境
定員
会場
主催 トレノケート株式会社(旧社名 グローバルナレッジネットワーク株式会社)
キャンセル
ポリシー
キャンセルされる場合はコース開始日の18日前までに、日程変更をされる場合は2営業日前までに[芝大門塾 事務局]までご連絡ください。
それ以降のキャンセル及び日程変更につきましては、全額ご請求させていただきます。

なお、日程変更は同一コースにつき1回限りです。一度日程変更をしたコースをキャンセルされる場合は、ご連絡の時期に関わらずキャンセル料として全額をお支払いいただきます。
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ