東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

部下とのコミュニケーション実践研修~多様化する部下への関わり方~

コース詳細

コースコード IBHS028
旧コースコード
カテゴリ ヒューマンスキル
価格(税込) 30,500円
期間 1日  10:00~16:45
日程 標準学習時間 2020/06/04
2020/06/12
2020/07/07
2020/07/13
2020/07/20
2020/08/11
2020/08/17
2020/08/21
2020/08/27
2020/09/01
2020/09/07
2020/09/16
2020/09/24
2020/09/30
目的
概要 本研修では、部下との円滑なコミュニケーションの取り方を学んでいただきます。部下に対する関心を強く持ち、積極的に関与することがコミュニケーションを機能させる最大のポイントであることを理解いただき、上司としてどのように対応すべきかを実践的に学んでいただきます。
内容 1.なぜ上司の話が部下に伝わらないのか
 【ワーク】 部下とコミュニケーションをとるうえで、困っていることや悩んでいることを洗い出す
(1)コミュニケーションの第一歩は「常識のすりあわせ」
(2)部下に関与する覚悟を持つ
2.タイプ別の部下との関わり方
(1)2・6・2の法則
(2)見守ることで育つ部下~目標達成志向タイプ・リスク回避重視タイプ
 【ワーク】部下のほめるところを発見する
(3)手厚い指導で育つ部下~無意識ダダモレタイプ
 【ワーク】部下の業務を洗い出し、細かく指示を出す
(4)忍耐によって育つ部下~優柔不断タイプ
 【ワーク】優柔不断タイプの部下の背中を押す言葉を考える
(5)ビジョンを語ることで育つ部下~意識的バックレタイプ・頑迷タイプ
 【ワーク】ビジョンをいきいきと語る
3.動かない部下の動かし方
(1)指示は毅然と粘り強く
(2)共感を示し、仲間であること伝える
(3)やさしさの裏に、ゆるがない厳しさ(激しさ)を見せる
(4)言うべきことは言う
 【ワーク】自分の部下を6つのタイプに当てはめ、適切な接し方を考える
4.実践! 部下とのコミュニケーション
 ■ケースごとにどう対応するかを考えたうえで、上司役、部下役に分かれロールプレイングを行う
 (1)無意識ダダモレタイプ
   ~言われた通りにしか動けないAさんのケース
 (2)優柔不断タイプ
   ~どうしたらいいでしょうかが口癖のBさんのケース
 (3)意識的バックレタイプ
   ~「仕事が手一杯で・・・」とすぐ依頼を断るCさんのケース
 (4)頑迷タイプ
   ~仕事はできるが、人の話を聞かないDさんのケース
5.まとめ
 【ワーク】研修をふまえ、明日から取り組むべきことをまとめる
到達目標
前提条件
対象者 ・様々な部下を持つなかで、部下指導における部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいる方
形式
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社インソース
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考 グループ演習あり

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ