東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う~

コース詳細

コースコード IBHS036
旧コースコード
カテゴリ ヒューマンスキル
価格(税込) 26,400円
期間 1日  10:00~16:45
日程 標準学習時間 2020/06/04
2020/06/15
2020/06/23
2020/07/03
2020/07/13
2020/07/20
2020/07/30
2020/08/07
2020/08/14
2020/08/19
2020/08/24
2020/09/04
2020/09/15
目的
概要 本研修では、クリティカルシンキングの基礎的な考え方を習得いただきます。重要な要素・手順・注意点を学び、物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う力」を実践していただきます。

◆研修のポイント
①クリティカルシンキングの基本的な考え方を理解し、身につくスキルを知る
②思考力を鍛えるための、論理性や中立性などの重要な要素について考える
③クリティカルシンキングの手順を学び、それに沿って考える練習をする
④クリティカルシンキングを実践する際に必要な心構えや注意点を学ぶ
内容 【ワーク】ケーススタディを読んで、「本当か?」「なんでだろう?」と疑問に感じることを自由に挙げてください。
(1)クリティカルシンキングの考え方
 ・クリティカルシンキングの効果  ・クリティカルシンキングのフロー
(2)ビジネスにおけるクリティカルシンキングの重要性
(3)クリティカルシンキングによって身につくスキル
【ワーク】自身の業務において、「本当にこれでいいのかな」と不安を持つことがあるか考えてみましょう
2.クリティカルシンキングの要素~3つのポイント
(1)論理性が大前提~ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
【ワーク】ロジカルシンキングの練習
(2)中立を保つ姿勢
(3)前提や思い込みを把握する
【ワーク】最初のケーススタディをもとに、疑問点に対する解決案と理由(根拠)を考えてみてください
3.クリティカルシンキングの手順~3つのステップ
(1)批判~疑ってみる
【ワーク】ケーススタディをもとに、「疑う」訓練をしましょう
(2)分析~他の視点から物事をとらえてみる
【ワーク】最初のケーススタディをもとに洗い出した解決案を整理し、一番優先順位の高い解決案を再検討しましょう
(3)再構築~新しい主張・見解を出してみる
【ワーク】優先すべき解決案を1つ選んだあと、理由(根拠)を挙げて見解を出しましょう
4.クリティカルシンキングの注意点~配慮すべきこと
(1)論理性 vs. 感情
(2)クリティカルシンキングの推進において
5.まとめ
【ワーク】明日からクリティカルシンキングをどの場面で使っていけるか、具体的に考えてみてください
到達目標
前提条件
対象者 ・表面的でなく、深く考える力をアップさせたい方・物事を考える思考力を鍛えたい方
形式 グループ演習あり
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社インソース
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ