東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ~

コース詳細

コースコード IBBK001
旧コースコード
カテゴリ ヒューマンスキル
価格(税込) 36,600円
期間 1日  10:00~16:45
日程 標準学習時間 ■オンライン
 2020/10/07
 2020/11/17
 2020/12/08
 2021/01/18
 2021/02/18
 2021/03/01

■神田
 2020/09/11
 2020/10/05
 2020/11/11
 2021/03/05
目的 ビジネス場面に応用できるデータ分析の基本的な考え方やデータ整理の仕方を学んだ上で、
エクセルを用いた相関係数の計算や回帰分析の手順を習得していただきます。
概要 社内には、売り上げに関するデータやアンケート調査のデータなど、多くのデータが眠っていることがあります。ビジネスデータ分析のスキルを学ぶことで、そのようなデータを活用することができるようになり、業務効率の改善や売り上げの増加につながります。
内容 1.社内の眠ったデータを活用する
(1)データを分析することの利点
(2)【ワーク】データの読み方の練習
(3)平均、標準偏差とは
(4)【ワーク】エクセルによる平均、標準偏差の計算
(5)グループ別に平均、標準偏差を計算する
 【ケーススタディ】経費の高低別の売上高の集計
(6)【ワーク】平均値などをグラフ化する

2.2つの事象の関連を表す「相関係数」
(1)相関係数とは
(2)相関係数の読み方
(3)【ワーク】エクセルによる相関係数の計算のためのデータの並べ方
(4)エクセルによる相関係数の計算
 【ケーススタディ】入社試験の成績と営業成績の相関
(5)相関係数を使って資料を作成する
 【ケーススタディ】残業時間とミスの数の相関

3.2つの事象の因果関係を表す「回帰分析」
(1)回帰分析とは
(2)回帰分析の結果の読み方
(3)【ワーク】エクセルによる回帰分析のためのデータ整理
(4)エクセルによる回帰分析の練習
 【ケーススタディ】生産性の高い人と一緒に働くことによる良い影響
 【ケーススタディ】在宅勤務の導入が企業業績や生産性に与える影響
(5)回帰分析の種類
(6)どのようなデータを分析して良いか (データの種類)
(7)回帰分析を使って資料を作成する
 【ケーススタディ】売り上げに最も貢献している要因の分析

4.まとめ
(1)データ分析を使った資料作成のまとめ
(2)【ワーク】職場での実践目標の共有

【参考】似ているものを分類する (営業リストの整理など)
(1)在庫管理(量的データ)と営業リストの整理(質的データ)
(2)【紹介】似たもの同志を集めるクラスター分析とは
到達目標 業務効率の改善や採用基準の見直しに向けて、
社内に眠っているデータを活用できるようになる。
前提条件 データ分析・統計に関する基礎知識を身につけることを目的とした方。
対象者 ビジネス上のデータ分析について基本的な考え方を学びたい方
形式 グループ演習あり
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社インソース
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ