東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

情報セキュリティスタンダードパックコース~CompTIA Security+ 準拠~

コース詳細

コースコード LANW015
旧コースコード
カテゴリ ネットワーク・セキュリティ
価格(税込) 308,000円
期間 3日  10:00~17:00
日程 標準学習時間 2020/12/15~2020/12/17
2021/02/08~2021/02/10
目的
概要 情報セキュリティの基礎知識を学ぶことができるコースで、CompTIA Security+やCISSPなど国際セキュリティ資格の考え方に基づいており、コスト意識や事業の継続性などをベースとした考え方を学習します。
内容 1.情報セキュリティ概論
・セキュリティ対策の基本的な考え方
- 情報セキュリティの考え方
- 情報セキュリティ対策のアプローチ

2.情報セキュリティマネジメント
・情報セキュリティマネジメントの仕組み
・構成と内部統制との関連
- 情報セキュリティマネジメントとガバナンス
- リスクアセスメント、監査
- 情報セキュリティ関連の規格・法律

3.セキュリティ運用
・システムやネットワークの信頼性を高めるセキュアな運用の考え方
- ITサービスのセキュリティ運用管理の概念、原則、要件、アプローチ
- ログ管理とインシデント対応、デジタルフォレンジック、物理環境セキュリティ
- 事業継続/災害復旧計画の概念、要件、アプローチ、主要な手法・技術

4.アクセスコントロール、認証マネジメント
・セキュリティ対策の要であるアクセス制御の基本的な考え方
- 識別、認証、認可、責任追跡性(Accountability)
- 認証技術(知識、所有、バイオメトリクス)

5. アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
・データを取り扱う様々な環境における適切なアクセスコントロール
- Webアプリケーション
- モバイルセキュリティ
- クラウドストレージ
- SCADA((産業用)監視運用システム)

6.脅威と脆弱性
・ネットワークやシステムに対する攻撃手法
- バッファオーバーフロー攻撃
- パスワードクラッキング
- SQLインジェクション
- ソーシャルエンジニアリング
- アプリケーション技術と脅威
- マルウェア(ウイルス、ボット、ワーム)

7.ネットワークセキュリティ
・ネットワークの主要技術・構造や伝送方式、脅威と対策
- ネットワークの主要技術(プロトコル、トポロジー、ネットワーク機器)
- 無線ネットワーク
- セキュリティプロトコル
- 対策技術(冗長化、VPN、負荷分散、ぺネトレーションテスト)
- ファイアウォールの技術(フィルタリング方式、構成、運用管理)
- IDS/IPS(ネットワーク型、ホスト型、構成、運用管理)
到達目標 ・情報セキュリティの基礎知識を体系的に学ぶことができる
・情報セキュリティの正しい考え方を身につけることができる
・CompTIA Security+の試験範囲に関わる知識を学ぶことができる
前提条件
対象者 ・情報システム・セキュリティ推進部門担当者・CSIRT要員(管理系)・CSIRT要員(技術系)・IT技術者(インフラ系)・IT技術者(開発系)・SOC(セキュリティ運用)要員・監査担当
形式 座学
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社ラック
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の16日前:100%
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ