東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

ITIL(R)ライフサイクル全体の管理(MALC)ブレンドITIL(R) インターミディエイト MALCブレンド

コース詳細

コースコード IASM014
旧コースコード
カテゴリ ITサービスマネジメント
価格(税込) 354,200円
期間 3日  9:30~18:00
日程 標準学習時間 2020/09/07~2020/09/09
目的 ビジネスおよび経営課題としてのIT サービスマネジメントの導入ができます。
概要 ITILサービスマネジメント課程のITIL Expert認定取得のためのインターミディエイトコース(サービスライフサイクル、サービスケイパビリティ)における最終モジュールとなります。
ITILコア書籍での内容である、ビジネスへのフォーカス、サービスライフサイクル上のプロセスの管理、目標、目的、機能、活動、およびプロセス間のインターフェースや相互関連についてeラーニング(事前学習)を用いて3日間にわたり学びます。
また、受講者参加型のシナリオベースのトレーニングを採用し、受講者がITIL ベストプラクティスの原理原則を学び、認定試験に合格するようサポートします。〔PDU対象コース:30PDU〕
内容 1. 戦略的アセスメント
2. 組織の課題、CSFおよびリスク
3. ITSM導入計画
4. ビジネス・ケース
5. 戦略的な変更の管理
6. 試験準備/模擬試験
7. 資格試験
到達目標 ・事業および経営課題としての IT サービスマネジメントの導入を理解する
・IT サービスマネジメントの計画立案および実装の運営・管理を理解する
・戦略的変更の管理を理解する
・リスク管理を理解する
・組織的な変更の理解を理解する
・サービス・アセスメントを理解する
・業界の補完手引きの理解を理解する
前提条件 下記の条件1、2を両方満たしている必要があります。
1.ITILファンデーション資格取得またはITILファンデーション・ブリッジ資格取得(ITIL V2ファンデーションでは不可)、
2.サービスライクサイクルまたはサービスケイパビリティモジュールでの認定を15 クレジット以上有すること。
注:日本語版の試験はケイパビリティモジュールのPPO、SOA、RCV、OSAのみの実施となります。
こちらの4科目の認定試験に合格されると16クレジット取得となり、ファンデーションと合わせ計18クレジット取得できます。
対象者 ITILの中核となるライフサイクルをビジネスおよびマネジメントレベルで理解されたい方(例: CIO、シニアIT マネージャ、IT マネージャおよびスーパバイザ、IT オペレーションのプラクティショナ)。ITIL Expert 認定を目指している方。
形式 演習あり
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考 ・本コースはPDU対象コースとなり、合計30PDUを付与します(テクニカル:10、リーダーシップ:10、ストラテジー:10)。

・ITIL(R) はAXELOS Limited の登録商標です。
・価格(税抜)には試験費用も含まれます。

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ