東芝ビジネスエキスパート

芝大門塾トップ > コース詳細

Professional Cloud Service ManagerProfessional Cloud Service Manager

コース詳細

コースコード IAVI001
旧コースコード
カテゴリ 仮想化・クラウド・ストレージ
価格(税込) 308,000円
期間 3日  9:30~18:00
日程 標準学習時間 2020/08/18~2020/08/20
目的 受講者はクラウドサービスの設計や提供ができるようになります。インタラクティブで実践的なアプローチを通じて、クラウド・コンピューティングやクラウドサービスが運用プロセスにどのようなインパクトを与えるのか、既存プロセスをより良いサービスデリバリへと状況に合わせて変化させるためにはどうすれば良いかを学びます。
概要 さまざまな機器が相互接続し、日々複雑さを増すIT環境の中でよりアジャイルにITサービスを提供し、変化に対応し続けるプレッシャーにITマネジメントはさらされています。課題や要件に対応しながら高い再現性や柔軟性、スケーラビリティを実現するサービスを提供するために組織はクラウド・コンピューティングを活用した戦略の導入を始めています。クラウド環境において、組織が測定可能なサービスデリバリやマネジメントを確立するサポートを、サービスマネジメント担当者は求められます。
本コースを受講することで、 受講者はクラウドサービスの設計や提供ができるようになります。インタラクティブで実践的なアプローチを通じて、クラウド・コンピューティングやクラウドサービスが運用プロセスにどのようなインパクトを与えるのか、既存プロセスをより良いサービスデリバリへと状況に合わせて変化させるためにはどうすれば良いかを学びます。最終日にProfessional Cloud Service Manager認定試験(英語)を受験します。
内容 1..本コースの紹介
2.クラウド・サービスマネジメントの基礎
3.クラウド・サービスマネジメントと関係のある役割
4.クラウド・サービス戦略
5.クラウド・サービスの設計、展開、および移行
6.クラウド・サービスマネジメント
7.クラウド・サービスの経済性
8.クラウド・サービスのガバナンス
9.クラウド・サービスの価値の証明
10.一般的なサービスマネジメント・フレームワーク
到達目標
前提条件 特に必要ありません。(ただし、クラウドの基礎概念や基本的な用語を学習できるCloud Technology Associate認定、またはCloud Credential Councilが提供する同等の認定資格の知識を有していることを推奨します。また、ITサービスマネジメントに関する事前知識や背景を持つことで、より理解が深まります。例として、1つ以上のITIL認定資格の保持、または実務におけるITIL/ITSMベストプラクティスの適用経験など。)
対象者 ・ITマネージャおよびCIO・サービスマネージャ (ITIL(R)の経験は問わない)・サービスマネジメントプロフェッショナル・クラウド戦略立案担当および経営コンサルタント・サービスアーキテクト、技術プリセールスコンサルタント・ITプロフェッショナル
形式 演習あり
PC動作環境
定員
会場
主催 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
キャンセル
ポリシー
ご注文後にキャンセルまたは日程変更される場合は、以下の条件に従ってキャンセル料をご請求させていただきます。
 ・研修開始日の14日前(営業日10日前):100%
備考

お問い合わせ

芝大門塾 事務局

TEL:03-5408-1509 FAX:03-5408-0689
Email:shibajuku@hrd.toshiba.co.jp
〒105-0011 東京都港区芝公園 1-8-4 NREG芝公園ビル 東芝ビジネスエキスパート(株)
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00)
土曜日・日曜日・祝日・年末年始ほか、当社休業日を除く

ページトップへ